Noël Café : Blog

Noëlの公開備忘録とひとりごと。コメント・トラックバックご自由に

Category : PC

Instagramの内容をTwitterにGASを使って自動投稿(複数画像OK!)

IFTTT無料範囲減対応に関する備忘録とhow to。
これでひとまず最後になります。

前回Instagram APIの設定をGoogle Apps Script (GAS)でやりました。
その設定(トークン)を使用してInstagramに投稿した内容を
Twitterに投稿したいと思います。

Instagram基本表示APIのGoogle Apps Scriptを使用した登録方法

IFTTT無料範囲減対応に関する備忘録とhow to。
まだまだいきます。

今回はInstagram編。
Instagramに投稿した文章+画像をGoogle Apps Script(GAS)経由でtwitterに投稿したいと思います。
まずはその手はじめ。
Instagramの情報を呼び出す前の段階です。

Google Apps Scriptで自動投稿する時の時間的なこと (備忘録)

IFTTT無料範囲減対応に関する備忘録。
まだまだいきます。

今までIFTTTでBlog → Twitter等やっていたので、
自動で何も設定せず「Blogが更新されたら」tweetされていたのですが、
Google Apps Script (GAS)では更新をチェックするタイミングを設定する必要があります。
記事が重複されないことも確認しないといけません。

ということで以下備忘録です。

Google App ScriptでRSSデータの取得 (備忘録)

IFTTT無料範囲減対応に関する備忘録。
まだまだいきます。

前回はGoogle Apps Script (GAS)から決まった文章をTweetするだけでしたが、
今回はBlogの更新をRSSからデータを取り込みます。
というメモ。

Google Apps ScriptでTwitterに画像投稿 複数画像も! (備忘録)

IFTTT無料範囲減対応に関する備忘録。
まだまだいきます。

Twitter投稿編はこれで最後(のはず)。
画像を投稿します。複数画像も。5枚以上はスレッドにして対応します。

Google Apps ScriptでTwitterにスレッド(返信)投稿 (備忘録)

IFTTT無料範囲減対応に関する備忘録。
まだまだいきます。

前々回の続きという感じですね。
TwitterにGoogle Apps Script(GAS)を使って返信投稿してみたいと思います。
文章が長いから2つに分けてスレッド(返信)にして投稿するという感じの使い方です。

Twitter APIとGoogle Apps Script 連携でツイート (備忘録)

前回のBlog投稿に引き続きTwitter APIとの戦いメモじゃなくて備忘録を。
今回はTwitter APIとGoogle Apps Scriptを連携し、
Twitterに投稿してみます。

Twitter API登録方法 (備忘録)

各SNSの投稿連携にIFTTTを使用していたのですがまさかの無料範囲減!
色々考えましたがGoogle Apps Script (GAS)を使用して対応することに。

最初につまづいたのがTwitter APIの登録。
ということで以下備忘録です。

【備忘録】スキャナーの調子が悪い (CanoScan9900F)

いやはや、10年前くらいのスキャナーをいまだに使っているのだが
たまに調子が悪くなる。

  • ガラスが曇る
  • 青被りする

今までやってきた対処を。備忘録的に

MovabletypeのコメントCaptcha有効時間を変更

ブログでコメントをするときに
のーんびりやっているとエラーが出てしまうことがありました。
のんびりというのが問題→Captchaの時間??と思い調べてみたら
ありました。ありました。
デフォルトでは10分になっているのですね!
ということで備忘録。

MTOSのページ機能使用で無理やり掲示板

手っ取り早く言うと、こういうことをしたかったのだ。
PHPベースの掲示板を使用していたが
あまりにスパムが多くなったので
.htpasswdつかってパスワード掛けたら
使い勝手が悪くなってお客さんが来なくなった。

ブログの機能を使って掲示板を作ろう!
(ブログのスパム対策で済む)
ということで、
掲示板2つを新調いたしました。

せっかくなのでよかったら書き込みでもしてください♪

【備忘録】OHPフィルム印刷設定法

いまやOHPなんて使うことないけど、
透明フィルムに印刷したいことがある。
でも、プリンタの設定にない。
ということで、備忘録。

Canonの場合
普通紙 & 色設定(マニュアル)→ -5
EPSONの場合
普通紙 & 色が濃い場合は濃度を下げる