Noël Café : Blog

Noëlの公開備忘録とひとりごと。コメント・トラックバックご自由に

Google App ScriptでRSSデータの取得 (備忘録)

IFTTT無料範囲減対応に関する備忘録。
まだまだいきます。

前回はGoogle Apps Script (GAS)から決まった文章をTweetするだけでしたが、
今回はBlogの更新をRSSからデータを取り込みます。
というメモ。


GASスクリプト

早速何も考えずに要点だけのスクリプトを↓

function get_rss() {

  // フィードURL
  var my_rss = "xxxxxxxx";
  
  // フィードを取得
  var rss_data = UrlFetchApp.fetch(my_rss);
  // XMLをパース
  var rss_xml = XmlService.parse(rss_data.getContentText());
  // 各データの要素を取得
  var rss_entries = rss_xml.getRootElement().getChildren('channel')[0].getChildren('item');
  
  for(var i = 0; i < rss_entries.length; i++){
    
      Logger.log(rss_entries[i].getChildText("title"));
      Logger.log(rss_entries[i].getChildText("link"));
      Logger.log(rss_entries[i].getChildText("pubDate")); // 公開日時
      Logger.log(rss_entries[i].getChildText("description"));

      // ここでツイートする関数を入れればツイートされる。

    }

  }
  
}

実行するとGoogle Apps Scriptの画面 →「表示」→「ログ」にRSSの内容が出てきます。
気を付けることは配列はゼロから始まることくらいですかね(当然ですが)。

Reference

 

余談

実はTwitter投稿用にカスタムで通常とは別のRSSを準備しているのですが
pubDateが表示されていない!という大ミスが!!
大したことないのに気づくのに時間がかかりました(笑)。
元々のwp-includes/wp-feed-rss.phpにtitle, link, descriptionしか書いていないんですよね。
やられた!

もう一つお間抜けな間違いをしたのは内緒ですw

Leave a Reply

*


CAPTCHA



Trackback URL