Noël Café : Blog

Noëlの公開備忘録とひとりごと。コメント・トラックバックご自由に

キャンドルナイトには賛同できません! – (2)

昨日のつづきです。
今日は、
蛍光灯からキャンドルにするとエコになるか?
について。


前の記事に書いたが、
キャンドルナイトの実行サイドでは、
エコになるとは言っていない。
CO2の削減になるとは言っていない。
それだけは、前置きしておきたい。


そもそも、こんな事を書こうと思ったのは、
Noelのつとめている会社で、
6/20, 7/7の20~22時に各家庭でキャンドルナイトをしましょう
って、書いてあった。
CO2削減を各家庭で促すチラシ?に。
ライトダウンでなかった気がする。
正直、今の日本ではキャンドルナイトが出来ない人は多いと思う。
    ・賃貸住宅
    ・小さな子供、お年寄りがいる
この2条件だけでもかなりの人が引っかかると思う。
(結構ススがでるので、賃貸住宅ではやらない方が無難だと思います)
そして、各家庭のCO2削減量に絡めるのは意味が無いと思う。
どう考えてもロウソクの方が消費CO2が高いからだ。
そもそもロウソクで火事になってしまったらCO2発生量は増えるだけだ。
元も子もない。


一応まじめに計算をしてみよう。
普通は洋ロウソクを使うと思うので主成分は石油パラフィン。
石油パラフィンはC=20~30の芳香物炭化水素。
分子量は間のC25でも利用して、C25H52だから
    Mw(C25H52) = 12 * 25 + 1 * 52 = 352
10%ほどステアリン酸が入っているが面倒なので
ロウソク自体の分子量を350とする。
当然芯も無視。
1molあたりCO2 12mol発生。
ちなみに、CO2の分子量は44。
ロウソク1gあたりのCO2発生量がこれで計算できる。
    12 * 44 / 350 = 1.5 g
次にロウソクの重さと燃焼時間について。
キャンドルナイトは2時間続くので2時間ちょっと使えるロウソクで計算。
日本香堂の毎日ローソク3号あたりで計算してみる。
香源香カフェさんにて重量が載っていた。
日本香堂のろうそく 毎日ローソク 3号20本入
    20本入り
    燃焼時間135分/本
    約240g (パッケージ込みと思われるが気にしない)
らしい。
つまり、1本12gを135分で燃焼する。
1時間で燃焼するロウソクの重量は
    12 / (135 / 60) = 5.3 g/h
最後に1時間あたりのCO2発生量は、
    1.5 * 5.3 = 7.95 g
ざっと1時間で8 g = 0.008 kgのCO2が発生する。
で、比較の為に蛍光灯のCO2発生量。
仮に小さめの一部屋として60Wとする。
1時間のCO2発生量は、
CO2排出係数をざっと0.5 kg-CO2/kWh として
    ( 60 * 0.001) * 1 * 0.5 = 0.03 kg/h
まとめ
    ロウソク1本(3号) : 0.008 kg-CO2/h
    蛍光灯(60W) : 0.03 kg-CO2/h


思ったより蛍光灯が高かった・・・。
CO2排出係数を高めに見積もったからな。
0.3台で計算している場合もあるし。
(ただ、昨年度~は柏崎原発が止まっているため
東京電力は0.5に近い数字のようだ。
原発を推進するわけでもないけど)
ロウソク1本で足りるか??というのもあるし。
キャンドルナイトのキャンペーンのようにいっぱい使ったら
意味がないのは計算のとおりである。
せいぜい一人1本だよな。
蛍光灯→キャンドルはそこまでCO2削減効果は見込めない
というのが結論であろう。


洋ロウソクじゃなくて植物原料の和ロウソクを使えばいいのでは?
という考えもある。
確かに、燃やしたときに発生するCO2は植物が固定したもの
と、考える(らしい)。
(育てたり、ロウソクを作るときの電気等は省いてだが)
そこで安易なNoelは考えた。
キャンドルナイトはカメヤマローソクで!
だって、Sharpの「世界の亀山モデル」なくなっちゃうでしょ。
頑張れ亀山市!的な発想。
当然伝統工芸を重んじるという点では他の和ロウソクでもいいです。
(そのほかにも植物由来ロウソクはあるみたいですね)


今回参考にしたページ
ろうそくの環境負荷考
    @ eco-blog 環境エンジニア 拓也のエコ日記!
キャンドルナイトの本当の狙いは? @ The Waste and Garbage Club


まだまだ話は尽きないので次回(明日?)に続きます。

Comments

  1. From くわまん on 2009.6.22 17:52

    はじめまして。Yahoo検索でこの内容にたどり着きました。
    私も気になっていた数字が仮説で計算されており、大変参考になりました。
    最近のエコブームはみんなが浅い考えで偽善的に乗っかっているだけに見えていたので、決して悪いとは言いませんが、視点が一方的すぎるな~と考えていました。
    こういった数字で議論されるのは、ぜひ今後も行って欲しいと思いました。とても面白い検証でした。
    ありがとうございます。

  2. From Noel on 2009.6.27 23:08

    こんばんは。
    書き込みありがとうございます。
    そして、お返事遅くなってしまってごめんなさい。
    こんなに早く記事に対するレスポンスがあるなんてびっくりしています。
    そうなんです。
    工業系化学の出身なので数字で検討できるものは
    数字で検討したいんですよ。エコは。
    また、いい対象が見つかったら
    やってみたいと思います。
    そのときはまた見てくださいね!!


Leave a Reply

*


CAPTCHA



Trackback URL