Noël Café : Blog

Noëlの公開備忘録とひとりごと。コメント・トラックバックご自由に

新書はお好き?

最近、本の形態をしたものを読む時間が増えてきた。
いや、今までが少なすぎたのだが。
ちょっと時間があると雑誌を買ったりするようになったし。
東京-浜松間の移動時にも疲れていなければ読むし。


で、私小説が好きになれないのである。
普通本を読むのだったら小説を読むというのが一般論であると思う。
「実際に本を買った」というと、
「何買ったの?」と聞かれ、普通は今はやりだったりする小説を答えて、
「あれ楽しいね」とか「どうだった?」と聞くのが一般的なんだと思う。
でも、買う物が普通でないらしく、「は?」と聞かれそうな物が多い。
この年(修士を終了してしまった年齢)で世界史の実況中継を読む人は
普通はいないでしょう。
子供の塾の勉強を一緒にやるわけではないんだから。
今は、新書ブーム。
というより、基本的におもしろそうな新書は常に探しているんだけど。
どうやらそううまくはいかない。
本屋に行くより、図書館の専門書コーナーに紛れている
新書の方が魅力的・魅惑的である。
あと、新書くらいがちょうど持ち運びやすいし。
でも、最近の新書って、1時間30分もあれば
読み終えてしまうのでちょっと(というかかなり)物足りない。
物足りないくらいがちょうど良いのかもしれないけど。
だからといって、「バカの壁」みたいな流行の本を読む気もしないし。
ま、本を買うお金に困っているわけではないので買ってもいいか・・・。
何かおもしろそうな本を探すのに夢中。
出来るだけおもしろい本を探して読みたい。
そうでないとやる気がなくなってしまう。
最初の2ページで眠りに落ちてしまうのです。
ネットとかで見てみてもあんまりないね。
文藝春秋のトピックスでこんなの発見したけど。
http://www.bunshun.co.jp/pickup/genres/okazaki01.htm
「本の話」という本の、2003年11月号で「新書大好き」という特集が組まれたみたい。
・・・・・・って訳でおもしろい新書教えてください。
微妙な暇時間を本を読んで埋めたいから。

Comments

  1. From erick on 2006.1.16 18:57

    大好き。小説苦手だから。
    ただ、大きさはやっぱ文庫が楽。
    雑学系が好きだな。
    「へぇ~」って思ったら線を引いていくから
    線だらけだし、古本屋に売れないのが私の悩み。

  2. そうなんだよ。
    大きさがガンなのよね。
    私は書き込みしないので
    いらない本はがんがんうっぱらっています。
    あと、しおりと付箋とノートね。