Noël Café : Blog

Noëlの公開備忘録とひとりごと。コメント・トラックバックご自由に

この本の価値

Rachel L. Carson : 沈黙の春この本とは、
Rachel L. Carsonさんの、「沈黙の春」
化学とか生物とか環境の事を勉強すれば、
一度くらい話に出てくるのでは??
そんな、あたくし、やっと読みました。
しかし斜め読み。
レイチェル・カーソル 沈黙の春


この本は、40年くらい前に書かれたもの。
まだ、環境問題とか叫ばれていない頃に
化学薬品(殺虫剤など)に関しての、被害の事とか、
どうやったら良いだとか書いてある。
はっきり言って、英語だったら許せるだろうけど、
だらだらと書いてあるんだわ・・・。
レイチェル・カーソルさんが、「良い」と言っている方法が
本当に良いのかどうかが、疑問だったり。
(寄生虫とか輸入したら、生態系崩れるでしょ)
まぁ、そんな事も、いっぱい思ったけど、
(だから、読むのに時間がかかった。)
この本の重要性は、
その当時、化学物質が使われはじめて少しだけど、
環境問題が話題に上がる随分前に、
このことについて述べている事。
それに尽きるんです。
本の最後の解説を読んでも思ったし。
いい仕事をした人ですね。本当に。
でも、本当に読んで欲しかった人には、
読んでもらえなかったのではないかな?と思います。


Link to amazon
単行本, 文庫本


カーソルさんが書いた本っていうのを、
読みたいのならば、
"The Sense of Wander"の方がオススメです。
Link to amazon
英語, 単行本

Leave a Reply

*


CAPTCHA



Trackback URL