Noël Café : Blog

Noëlの公開備忘録とひとりごと。コメント・トラックバックご自由に

CygWinのInstall。

Windowsで動くX
つーわけで、CygWinを入れてみることにしました。
目的は、FontForgeを入れるため。
VineLinux 2.6じゃ、glibcのバージョンの関係上無理だったのね。
VineLinux 3.0 betaも出てるけど、
入れてみたが、やっぱりベータだったので、あまり・・・。


Reference
Cygwin 環境の穀z:X11を動かす
Cygwin/XFree86最新事情と日本語化 @ @IT

cygwin本体を入れる。
基本的にはDefaultで。
エディタのemacsは入らないので、editor/(x)emacsをInstallにする。

環境変数をいじる。
hogeのユーザー環境変数
(hogeさんって、名前の人がやるとして・・・。)
CYGWIN → ntsec
HOME → /home/hoge
MAKE_MODE → UNIX
PATH → (e:\cygwinにCygWinを入れた場合)
e:\cygwin\bin;
e:\cygwin\local\bin;
e:\cygwin\usr\X11R6\bin;
e:\cygwin\opt\gnome\bin;(gnomeを入れる場合)
SHELL → /bin/bash
HOMEは/home/hogeのみ。
もし、何か使っている場合は、
システム環境変数にぶち込む。

gnomeを入れる。
http://cygnome.sourceforge.net/install
Gnomeってついているのを、Defaultでなく全部Installにする。
インストールした後/binの中身を以下のようにコピーを作る。

cygaudiofile-0.dllcygaudiofile.dll

cygesd-0.dllcygesd.dll

Comments

  1. 飛び入り参加。
    Cygwin、インストーラがダウンロードするファイルが多くて
    途中でめんどくさくなったからやめた。w
    遠隔マシンのXを利用したいときは、ローカルWindowsでVMWareを起動して
    そこからslogin -X [host]してやってる。
    これでOracleもWebLogicもバッチリだぜ!w

  2. レス遅くなってごめん。
    えっと、
    かなりDLしないといけないのが面倒。確かに。
    昼寝しながらDLしたからそこまで気にならなかったけど。
    それって、他のマシンじゃないといけないんでしょ・・・。
    そりゃ、無理だ。
    ここには使えるPC1台しかない。

  3. や、あくまでLinuxが動いてるPCが1台ある状態だからさ。
    なんでもできるよ。
    アップする前にローカルのapacheで動作確認とか、
    メモリがたくさんあれば、その中で複数OSを起動して
    ロードバランスの実験なんてのも可能だし。

  4. だよねぇー。
    最近は、大手抜きで、WinのApachedeテストしてます。
    Linuxいじる時間なくってさー。
    出来るとは思ってたけど、
    一つのPCで、複数OS起動出来るのね。
    その前にメモリ買わなきゃだけどね。


Leave a Reply

*


CAPTCHA



Trackback URL