Noël Café : Blog

Noëlの公開備忘録とひとりごと。コメント・トラックバックご自由に

SyntaxHighlighter 導入

プラグイン名というかコード名を思い出せず、
どこのサイトに使われていたかも思い出せずに
しばらく入れられていなかったシステム。
これで、MTでコードを簡単にUPできます。
ハイライトもコピーも行数も!
最初に見たときに入れれば良かった。
以下備忘録です。


1. スクリプトをダウンロード
3.x系はクリップボードにコピー機能がないので、
2.x系をダウンロードします。
今回は、2.1.382を導入します。(として話を進めます)
http://alexgorbatchev.com/SyntaxHighlighter/
2. アップロード
適当な箇所に、syntaxhighligher フォルダを作成し
ダウンロード→解凍したファイルをUP。
私はルート直下にフォルダを作成しました。
3. SyntaxHighligherモジュール作成
MT テンプレートのモジュールを作成。
SyntaxHighligher とでも名前をつけて以下を記入
(ファイルの場所は適宜変更してください)























私はPerl大好きなのでPerlも追加。
4. Headerをいじる
先ほど作成した SyntaxHighligher モジュールを読み込めるよう
以下を<head>中に記入

<$MTInclude module="SyntaxHighlighter"$>

記事を表示する系のところのみでOK。
5. 再構築する
これにてとりあえず導入は完了です。


6. codeを入力する
コードを入力するときは以下のように
<pre class="brush: html;">~</pre>で囲います。
言語ごとにbrush: の後を変えます。

<html>

テストだよ。



よく使用されている1.5の方が使いやすいかも・・・
と、導入してから思ってしまいました・・・。


ちなみに、バージョンは古いですが、
Movable Type用のプラグインもあります。
SyntaxHighlighter for Movable Type @ KWLOG


2011.3.27 追記
Reference :

Leave a Reply

*


CAPTCHA



Trackback URL