Noël Café : Blog

Noëlの公開備忘録とひとりごと。コメント・トラックバックご自由に

めっきできる液ぢゃん !

金属アレルギーのパッチテストについて
色々調べていたのだがなかなか欲しい情報が得られず。
わたしの欲しい情報は、パッチテストに使う液の濃度。
どのくらいの濃度の液で反応を見るのかが興味深いところ。
(エントリーの最後に駄文あります。)


めぐりめぐって発見。
歯科金属アレルギーのパッチテスト検査
@ 銀座池渕歯科
ちょっと欲しい情報のみ失敬させていただきました。

Al3+ (アルミニウム)  : AlCl3       20 g/L
Co2+ (コバルト)    : CoCl2       20 g/L
Sn4+ (すず)      : SnCl2       10 g/L
Fe3+ (鉄)       : FeCl2       20 g/L
Pt4+ (白金・プラチナ) : H2[PtCl6]    5 g/L
Pd2+ (パラジウム)   : PdCl2       10 g/L
Mn2+ (マンガン)    : MnCl2       20 g/L
In3+ (インジウム)   : InCl3       10 g/L
Ir4+ (イリジウム)   : IrCl4       10 g/L
Ag (銀)       : AgBr        20 g/L
Cr6+ (クロム)     : K2Cr2O7      5 g/L
Cr3+ (クロム)     : Cr2(SO4)3   20 g/L
Ni2+ (ニッケル)    : NiSO4       50 g/L
Zn2+ (亜鉛)      : ZnCl2       20 g/L
Au3+ (金)       : HAuCl4       2 g/L
Cu2+ (銅)       : CuSO4       10 g/L
Hg2+ (水銀)      : HgCl2      0.5 g/L

元の化合物は水和物ベースでの濃度かも。
(上のリンクからでは分からない)
Au・PtはNa, K塩かも~。
Crが二種類あるのはクロメートの関係があるからかしら?多分。
つ~か、濃すぎ。
こんなのほとんど全部かぶれるんじゃないか??と
思ってしまうような濃度。
NiなんてNiベースでも1%は入っているんじゃないか?
(計算はしていない。6水和物での計算なのか?も不明だし)
だいたい、工業用めっき液並みに濃い気がするよ。
こんなに濃い液を肌につけられるなんて考えたら
怖くてパッチテストしに行けないわ。
恐怖。がまた増えました。
金属荒れる魏ー(アレルギーの変換ミス。なかなかイケてる)
ない方がうらやましす。


久々の更新(エントリー)となってしまいました。
実は先月中旬に北海道に行ってきました。
紅葉バンザイ!!
そして、通常の土日は実家で親のドラクエIXをしてる・・・。
いいのか??

Leave a Reply

*


CAPTCHA



Trackback URL