Noël Café : Blog

Noëlの公開備忘録とひとりごと。コメント・トラックバックご自由に

カクテル本ついに

ベン・リード : クール・カクテルズ購入いたしました。
写真が素敵で雑貨本として、
部屋においておくのもOKな
感じでしたので。
ベン・リード : クール・カクテルズ


某ショッピングセンター
new style(VILLAGE VANGUARDの姉妹店)で発見。
しっかり立ち読みをして、
その後もう一度行って、買いました。
カクテル本って、バーテンダーの為の本っていう感じで、
カフェに置く本っぽくないものが多くて悲しんでいたら。
写真がきれいで本当に私の部屋にあるカクテル本という感じがしました。
あと、なんと言っても、グラスホッパーがあるという事。
これは作り方知っているけど、重要。
これがなきゃ、いけない。
Ben Reed : Cool Cocktails: The Hottest New Drinks and the Best of the Classicsこれは元々英語の本で、
日本語に翻訳されているんですね。
買うときにどちらを買うか迷ったのです。
英語の方が安いし、
このくらいなら読めるし。
でも、amazonで侮・ゥて日本語版の
レイアウトの方が何となく好きだったので
(画像もきれいだったので)日本語版に。
Ben Reed :
Cool Cocktails: The Hottest New Drinks
and the Best of the Classics

この本を買ったからと言って、
この通りに作ったりする事はない。
そんなに飲んだくれじゃないし。
部屋で飲むカクテルは、
適当おうちカクテルで助ェだから。
(本当にカフェみたいな事をやりたかったらちゃんとやります。)
でも、大学院の時によくみんなのカクテルを適当に作っていたけど、
ライブハウスの店員さんくらいには出来ますよ。
混ぜたりするの大好きだし。←それは違う問題だろ
髑髏


ちなみにこの著者の人、売れっ子だけあって、
amazonのレビューではそのことについてふれているね。
あと、写真を撮っている人の名前が著者とともに出ているだけあって、
写真がきれいです。

Leave a Reply

*


CAPTCHA



Trackback URL