Noël Café : Blog

Noëlの公開備忘録とひとりごと。コメント・トラックバックご自由に

革ストラップ

leather-strap.jpg作ってみましたー。
携帯用兼軽めのデジカメ用。


camera-strap.jpgついでに、普通のカメラ用も。
これ、SMENA 8M用にと思って作ったんですね。
でも、スメハチってストラップを付ける場所無いんですよ。
そのうちこんな事をしようと思ってます。
そんな訳で、Olympus Pen EEDに試しにくっついてます。
革ひもが細いのと補強をしていないので、
強度はあんまりでしょう。
(だからスメハチ用なのね。)
高いのに付けるなら、
金具保護用の革をちょっと作りたいですね。


さて、なんでこんな事をしようと思ったかというと・・・
先日mapcameraですごーくかわいいストラップを見てしまったのです。
思わず、自分の誕生日プレゼントとして買おうと思ったところです。
HPには出ていなかったのですが、
ARTISAN&ARTISTというブランドのストラップで
凄くシンプルできれいな白や水色の革ストラップがあったんですね。
しかも、箱入り。ラッピング承ります。でした。
ちなみに、カメラバックのこれかわいい
Smile2
内部のカメラ入れを外せば、普通のキャンバスバックとしても
使えそうで。
(カメラバック仕様でないものもあります。→これ
カメラ用は割安ですね
Heart
)
そして、使うのか??って感じだけど、
白いメイクボックス(これ)かわいい。ほしい
Smile2
近くの東急東横店で一目惚れしたんですけど、
このページにある腰巻きのバック。
すごく可愛いです。
但し、高い。(これだけいっぱいポケットが付いていれば・・・。)
(バック談義になってしまいました)


さて、欲しい→作れないか??と言う事で、
ちょっとネットサーフィンしていたら、
たまたまこんなページを見つけました。
自作ストラップ at Range Finder
出来そうじゃん!!
って事で、即革ひもを買い実行!!
さて、問題となるのは、縫う事とカシメちゃん。
さて、携帯用と、軽いカメラ用の為縫わない事に決定。
(時間ないし
Tear
)
問題は、カシメ。
ハンズOkadayaに探索に行ったのですが、
なんとOkadayaでは、作業台があって、工具を貸し出してくれるんです!!
(ただしお店で買ったカシメのみ。
メーカーによってサイズとかも違うからでしょう。)
しかも、お店の人が親切に教えてくださいます!!
あとは、他の金具は手芸屋の革製品コーナーもしくは
ハンズなどのホームセンターの金物コーナーで購入して。
えっと、革は、長さ売りの10 mm幅のものを使いました。
長さ売りの革は、1 mごとくらいに継ぎ目があります。
Okadayaではその点はご了承ください。と書いてあります。
ハンズでは30 cm買った時は、継ぎ目の無いようにしてくれました。
カメラ用のストラップは、上手い事継ぎ目の無いところで作れました
Smile
さて、カシメをお店で打ったのですが、
あまり長いのを買うと失敗します。
えっと、まがります
Bomb!!
勢いよく叩くと曲がります。
カシメは、横から見ながら慎重に叩くのが良いみたいです。
ちゃんと押さえて叩く事が普通に重要ですね。
そんな感じでした。

Comments

  1. むむむ!作られたのですね!!すごいSmile2
    スメ8用とデジカメ用ですか。いいなぁ、かっちょいいですねぇ!
    noelさんが可愛いって言ってたストラップも、すごい可愛いですね。私も欲しい・・・。でも高い・・・。
    カメラバッグもめっちゃ可愛いですね兎
    買いたいのに、今月は金使いまくってしまい、自爆したのでほとんど無理・・・TearTear
    お金貯まったら、可愛いカメラグッズ沢山買おうと思いますw

  2. 欲しいものは、作れるかどうか考える。
    というのが、私の方針です。
    作るものの材料が高くて結局高く付く事も多いですが。
    自分流にカスタマイズして作れるのがとっても良いです。
    そう。カメラバック。
    これだったら、就職してからも(私服なので)使えるかも。
    と、思ってみたり・・・。
    いや、ほんと欲しいものいっぱいで困ってしまっています。
    3年以上バイトしてない
    Bomb!!
    ので。
    はぁ・・・。
    スメハチよりPENの方が写真映えはしてるみたいですね。
    やっぱりかっこいいです。

  3. 手作りストラップ、ありがとうございました♪
    シンプルイズベスト、ですSmile6

  4. 私の手作り練習におつきあいいただき
    ありがとうございますなのですよ。
    どちらかと言うと。
    時間が出来たら、しっかりとした革を縫って、
    ちゃんとしたカメラをかけられるのを作りたいのですSmile2